以前のリビジョンの文書です


4circle xray diffractometer log book

  • 2011/05/19: 山崎さんが使っていて、 qmap を取るとどうやら角度がずれて行くらしい。8-O
    • 3回マップを取ったら phi で 1 度以上ずれたそうだ。(ただし、omega と phi のどちらが本当にずれたかはよくわからない。)
      • ソフトウェアの問題もあるかも?
      • そこで、220 回りで psscan 5 1 を 100回、psscan 3 1 を 100回行って、どちらに問題が出るか確認しよう。
      • もし両者に問題が無ければ、qmap を取るプログラムを調べよう。
      • phi, omega スキャン共に psscan でやる限りは問題なし。
    • という事はもしかすると、回転方向によって異なるんじゃないか?逆に回してみよう。
      • phi は逆に回しても問題なし。
      • chi はまだ回してないけど、どうせ大丈夫な気がする。
      • なぜ?
    • で、仕方ないので、4-circle.cの loop_write と data_read に usleep で WAITTIME だけ wait を入れる。
      • rm 4-circle.o; make; make install
      • psscan 5 1 (51 points) で 1m20s から 1m50s へ増える。ちょっと苦しいか?まぁ、ともかく良しとしよう。
    • ついでに backlash だけど、0.05 度以内の変化量の時は backlashをとらないことにする。
      • これは 4-circle.c: ex2_go_ang() 内で変更。
      • ちょっと、phi で両方向に回してみてbacklushの効果を見よう。
        • 0.01度のずれで再現する。大丈夫そうだ。
    • この改良の後に qmap やって見よう。さて、エラーは出るのか???
      • qmap 1.95 1.95 0 0.002 0 0 0 0.002 0 51 51 1 で走らせる。まずは一回目。
        • う〜ん。終わらん。。。まぁ、もうちょっと頑張ろう。2,3回は繰り返さなければ、結果は分からん。
    • 結局、これでも、ex_position2 error がでる。なぜ?
      • 出るのは1つのhscanが終わった所だから、ここにはbacklush とる動作が入る。従って、そこに0.5secのwait を入れてみる。
      • これで、今晩は2,3回 map をとろう。
    • 合計4回(連続3回)マップをとって、大丈夫そうだ。(mnp_791 - mnp_794)ただし、まだエラーは出ているようで、おかしなカウント値は出る。
      • 多分 ex_position2 が上手く終わっていないのに count をとっているから count 値の返事を上手くとれていないんだろう。
      • 実害はあるか?このような現象の際はデータ行の最後に # を付けた。
    • だから # の付いた行は無視しよう。

* 2011/05/20

  • やっぱり、最後の最後でずれたようだ。。。どうやらエラーは出ていないようなので、chi と phi を同時に回すのが悪いのか???
    • わからんが、ともかく、chiだけ先に回すように変更しよう。ex_position2() を書き換えればいいかな?
    • 書き換えてみた。これで少し試すかな?
    • phi を chang でリセットして、map と q line scan をやってみよう。これで問題が無ければ良しとしよう。

   * ソフトウエアバージョンアップ tj4csrc3-20110520-2.tar.gz

 
/usr/share/dokuwiki/data/attic/manuals/xraylogbook.1305862655.txt.gz · 最終更新: 2011/05/20 12:37 by mxc
 
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Debian Driven by DokuWiki